群馬県立藤岡工業高等学校
375-0012 群馬県藤岡市下戸塚47-2  TEL:0274-22-2153 FAX:0274-22-6743
                      fujikou-hs@edu-g.gsn.ed.jp 
 
COUNTER52949

藤工環境活動プロジェクト

藤工環境活動プロジェクト
123
2017/12/06

群馬銀行環境財団環境教育賞授賞式

| by 藤工HP管理者
 12月6日(水)に、群馬銀行環境財団環境教育賞の表彰式が、本校柔剣道場で行われました。
 この活動に関わった生徒、教職員約70名の前で、群馬銀行藤岡支店長様より本校校長に最優秀賞の賞状が授与されました。
 ひきつづき、支店長様より受賞理由を、群馬銀行環境財団事務局長様より財団の業務と表彰制度についての説明をいただきました。

  
 

15:00
2017/12/05

ぐんま環境学校

| by 藤工HP管理者
 12月2日(土)に、ぐんま環境学校の最終回の講座が群馬会館大広間で行われ、本校の生徒4名が受講しました。
 午前は、県環境政策課職員による「環境アドバイザー制度と環境白書について」の講義と、3つの環境団体の担当者による「環境ボランティアとしての取り組み」の事例紹介がありました。
 午後は、「私の企画書発表」というテーマで、事前に渡されていた課題をグループワークの中で発表しました。そして、最後は修了証書授与式で、環境政策課長様より一人ひとり修了証書が手渡されました。
 生徒は、この学校の受講をとおして、一足早く社会との交流が実現しました。

  
  

16:00
2017/11/17

桐生市清掃センター見学・実習

| by 藤工HP管理者
 11月17日(金)に、環境工学基礎の授業を受けている生徒21名が、桐生市清掃センターを訪れ、施設の見学とそこでの廃棄物処理の実習を行いました。
 午前は、施設の概要説明のあと、中央監視室や発電設備、クレーンでかくはん中のごみピット、焼却灰の最終処分場などを見学しました。
 午後は、可燃物以外の廃棄物処理実習を行いました。ペットボトルや発泡スチロールトレー、蛍光管、ベッド、ガラスびんの分別処理や解体作業を体験をしました。生徒は、これほどまで廃棄物の処理が大変であるということを理解しました。

  
  
  

16:00
2017/11/06

ぐんま環境学校

| by 藤工HP管理者
 11月6日(月)に、ぐんま環境学校の7回目の講座が桐生市清掃センターで行われ、本校の生徒4名が参加しました。今回の講座は、見学と実習体験でした。
 午前の一つ目は、桐生市清掃センター職員による廃棄物の現状と処理方法の講義がありました。二つ目はセンターの処理施設として、受け入れヤードや中央監視室、最終処分場などを見学しました。 午後は、数班に分かれてペットボトルの分別や圧縮作業、コンベア上でのビンの分別作業、粗大ゴミであるベッドの解体作業などの実習を体験しました。
 受講した生徒は一様に、廃棄物の処理がいかに大変であるか気づいた様子でした。

  

 

17:00
2017/11/05

AQUA SOCIAL FES ~ヤリタナゴ保護プロジェクト~

| by 藤工HP管理者
 上毛新聞社主催、トヨタ自動車共催のAQUA SOCIAL FES ~ヤリタナゴ保護プロジェクト~ に、本校の生徒が16名参加しました。第2回目の今回は、本郷地区の旧笹川で魚やエビ類の捕獲作業を行いました。そして、捕獲した水生生物は種類ごとに分けて水槽に入れ、それを参加者が観察しました。その後ヤリタナゴだけをバケツに移し、河川改修の行われない場所に放流しました。

  

  

15:00
2017/10/28

ぐんま環境学校

| by 藤工HP管理者
 10月28日(土)に、ぐんま環境学校の6回目の講座が県庁2階のビジターセンターで行われ、本校の生徒3名が参加しました。
 午前は、「群馬県のごみの現状と対策について」というテーマで講義がありました。平成27年度の環境省発表のデータでは、群馬県の1人1日あたりのゴミの排出量は全国ワースト3、生活系収集可燃ごみはワースト1ということを知り、参加者一同驚いていました。
 午後は、「自然環境の保全」というテーマで、生物多様性と鳥獣の保護管理についての講義がありました。参加した生徒は、シカやイノシシ、カワウによる被害対策の必要性を認識しました。

  

  

15:00
2017/10/06

あざ美会インフィニット訪問

| by 藤工HP管理者
 10月6日(金)、太田市大原町にある社会福祉法人あざ美会就労支援施設インフィニットに、本校電気科2年生で電気工事士試験合格者12名が訪問しました。
 本校で電気工事士技能試験対策として使われた廃電線を施設に寄付し、施設側でこれを分離処理して売却した対価を通所者の収入に役立てていると知り、作業状況の見学と実際の作業に携わってきました。
 実習で使用済みとなった電線が、廃棄物として処理業者に引き取られるのではなく、有価物として形を変え社会に貢献していたことを知り、環境問題と福祉の大切さを理解することができました。

  

  

17:00
2017/10/05

わな猟初心者講習会

| by 藤工HP管理者
 10月5日(木)に、群馬県自然環境課が主催するわな猟初心者講習会が、神流町のこいこいアイランド会館で開催され、各市役所で鳥獣被害対策を担当している職員や森林組合の職員とともに、高校生としてはじめて本校の生徒6名が参加しました。
 講習会の内容は、はじめに自然環境課の担当者と群馬県猟友会の役員によるわな猟や有害鳥獣の種類と特性やわなによる捕獲方法についての座学があり、つづいて5班に分かれ実地での箱わなやくくりわなの実習が行われました。
 参加した生徒は、自然と人間との共存について考えるとともに、貴重な体験に感動した様子でした。

  

  

17:00
2017/09/30

狩猟免許試験

| by 藤工HP管理者
 9月30日(土)に、国家試験であるわな猟狩猟免許試験が県庁で行われ、環境の授業を受けている生徒が受験しました。
 2年前、受験年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられ、今回県内の高校生ではじめて本校の生徒がこの資格にチャレンジしました。午前中は、県自然環境課職員による試験対策講習会があり、午後は適性検査と学科試験があり、学科試験合格者は鳥獣判別や猟具に関する実技試験に進みました。

  

  

16:00
2017/09/30

ぐんま環境学校

| by 藤工HP管理者
 9月30日(土)に、ぐんま環境学校の5回目の講座が県庁で行われ、本校の生徒4名が参加しました。
 今回の内容は、県環境政策課内にある環境サポートセンターが小中学校向けに実施している「エコムーブ号」の6つの環境学習テーマについて、環境アドバイザーが実際の出前授業を実演し、受講者は児童になりきってその授業を受けました。
 受講した生徒は、高校よりも小中学校の方が環境学習が進んでいると感じたようです。

  

  

15:00
123

廃食用油の回収