群馬県立藤岡工業高等学校
375-0012 群馬県藤岡市下戸塚47-2  TEL:0274-22-2153 FAX:0274-22-6743
                      fujikou-hs@edu-g.gsn.ed.jp 
 
COUNTER81634

藤工環境活動プロジェクト

藤工環境活動プロジェクト
1234
2018/07/12new

 「ぐんま環境学校(エコカレッジ)」

| by 藤工HP管理者

 「ぐんま環境学校(エコカレッジ)」の尾瀬ボランティア講座が、6月23日(土)と24日(日)の1泊2日で、尾瀬山の鼻ビジターセンター等で行われ、受講生徒5名が参加しました。

 1日目は、尾瀬国立公園の自然についての講義やボランティア活動の紹介があり、夕食後には尾瀬スライドショーもありました。

 2日目は、ビジターセンターのバックヤードや研究見本園の見学のほか、実地研修としてハイキング道の清掃活動や鳩待峠入山口での啓発活動も行いました。

 
  
 
 

 


 


09:00
2018/07/02

環境保全ボランティア活動

| by 藤工HP管理者
 6月30日(土)に、生徒24名が環境保全ボランティア活動を行いました。今回は、藤岡市の天然記念物(ヤリタナゴ、ホトケドジョウ、マツカサ貝)が生息する地域で、市内の3つの団体と協力して圃場内の水路の雑草を刈り取りました。また、水生生物を捕獲し、魚類とザリガニの分別を行いました。

 
  
 
 
13:48
2018/06/07

フィールドワークのための水辺と野山の安全教室

| by 藤工HP管理者
 6月6日(水)に、かんな川水辺の楽校運営協議会が主催する「フィールドワークのための水辺と野山の安全教室」が本校で開かれ、環境工学を学ぶ生徒や校外での環境活動を予定している3年生28名が受講しました。
 第1部は、国土交通省高崎河川国道事務所専門官による「ストップ!河川水難事故~急な増水に備えて~」という講義で、大雨のあとの河川で注意すべき点などについて学びました。
 第2部は、太田市の日本蛇族学術研究所主任研究員による「ヘビの見分け方と毒蛇咬傷について」という講義で、ヘビの地域による違いや咬まれたときの対処方法を知り、実際にヘビの観察もさせていただきました。
 前回の「フィールドワークのための応急手当講習会」とあわせて、これからの環境活動に行かしていく予定です。

 
  
 



09:16
2018/06/04

ぐんま環境学校(エコカレッジ)

| by 藤工HP管理者
群馬県環境政策課が主催する平成30年度「ぐんま環境学校(エコカレッジ)」に、本校の3年生が5名参加しました。平成28年度に本校の生徒が高校生として初めて参加し、今年で3回目となりました。
 初日の6月2日は、オリエンテーションや自己紹介と、環境学習の進め方についての講義やグループワークがありました。
 今後、10回の講義や実習、フィールドワークに参加することにより、環境活動を進めていく予定です。

  
    


10:53
2018/05/25

フィールドワークのための応急手当講習会

| by 藤工HP管理者
 5月25日(金)に、「フィールドワークのための応急手当講習会」が本校武道場で開かれ、環境工学基礎を学ぶ生徒と、校外で環境ボランティア活動や自然環境の調査・研究活動を行う生徒26名が受講しました。
 内容は、普通救命講習と、活動や地域の特性を考え、熱中症やハチ刺され、蛇に噛まれた場合の対処法など組み合わせたもので、社会一般でも活用できる講習会となりました。
 3時間の講習終了後は、藤岡消防署員より「普通救命講習Ⅰ」の修了カードをいただきました。
  
  
  
  


13:30
2018/03/23

廃食用油回収・持ち込み

| by 藤工HP管理者
 今年度から始めた廃食用油回収事業ですが、3学期分の回収した油を市内のバイオマス発電事業者である(株)アーブに提供しました。
 生徒会役員6名が、学校の倉庫に保管してあった油を職員とともに事業所に持ち込み、レジ袋等を取り除き、専用のコンテナに移し替える作業を行いました。今回は、市内の保育園からも廃食用油を提供してもらいましたので、持ち込んだ油の量は約60リットルくらいありました。
 また、せっかくの機会でしたので、精製設備や発電設備も見学させていただきました。今後も地球温暖化防止とエネルギーの地産地消に取り組んでいきたいと考えています。
  
  
  

13:00
2018/01/12

環境工学基礎外部講師特別授業

| by 藤工HP管理者
 1月12日(金)に、環境工学基礎外部講師特別授業が行われ、科目を選択する生徒20名が受講しました。
 第1部は、群馬県自然環境課職員による「群馬県の自然環境の保護と管理」というテーマで、生物多様性や希少生物の保護、外来生物の現状、動物による植生被害などの講義をいただきました。
 第2部は、藤岡市農林課職員と藤岡猟友会役員による「動物用捕獲檻の実際とくくりわなの製作」という講習会で、猪や熊用の捕獲檻の見学と、工業高校のものづくりを生かして、くくりわなを作成しました。

  
  

16:00
2017/12/22

廃食用油回収・持ち込み

| by 藤工HP管理者
 今年度から始めた廃食用油回収事業ですが、2学期に回収した油を市内のバイオマス発電事業者である(株)アーブに提供しました。
 生徒会役員が、学校の倉庫に保管してあった油を整理し、職員とともに事業所に持ち込みました。事業所ではレジ袋等を取り除き、専用のコンテナに移し替える作業を行い、後日計量していただけるようお願いしました。大小の容器で33本集まりましたので、約20リットルくらいではないかと思います。今後も地球温暖化防止とエネルギーの地産地消に取り組んでいきたいと考えています。

  
  

16:18
2017/12/06

群馬銀行環境財団環境教育賞授賞式

| by 藤工HP管理者
 12月6日(水)に、群馬銀行環境財団環境教育賞の表彰式が、本校柔剣道場で行われました。
 この活動に関わった生徒、教職員約70名の前で、群馬銀行藤岡支店長様より本校校長に最優秀賞の賞状が授与されました。
 ひきつづき、支店長様より受賞理由を、群馬銀行環境財団事務局長様より財団の業務と表彰制度についての説明をいただきました。

  
 

15:00
2017/12/05

ぐんま環境学校

| by 藤工HP管理者
 12月2日(土)に、ぐんま環境学校の最終回の講座が群馬会館大広間で行われ、本校の生徒4名が受講しました。
 午前は、県環境政策課職員による「環境アドバイザー制度と環境白書について」の講義と、3つの環境団体の担当者による「環境ボランティアとしての取り組み」の事例紹介がありました。
 午後は、「私の企画書発表」というテーマで、事前に渡されていた課題をグループワークの中で発表しました。そして、最後は修了証書授与式で、環境政策課長様より一人ひとり修了証書が手渡されました。
 生徒は、この学校の受講をとおして、一足早く社会との交流が実現しました。

  
  

16:00
1234

廃食用油の回収